活動記録 「越境オンライン商談の難しさ」★弊社パートナー山本岳志の活動記録★


昨日と今日で4件の越境オンライン商談を執り行った。
日中間の商談なので4件で合計8社の間に挟まる形。
司会進行は私。
1件で2時間はかかるので、流石に疲れ果てた。

 

まず、オンライン環境。
日中間でZOOMは避ける。
アリババのDingTalkというオンラインミーティングツールを使う。
場合によっては、映像はZOOM、音声はWechatと切り分けた方が良い場合もある。
色々と気を使って準備をして、ようやく日本でのZOOM同様に使える。

 

画面を共有しながら日本側顧客の翻訳済み資料の要点を私が代わりに伝えていく。
ページを全部読んでも駄目だし、簡略化しすぎても駄目。
当然、通訳も挟むので、間の取り方とタイミングに気を使う。

 

互いの説明をし、質疑応答し、今後についての整理。
これだけのことが越境のオンラインだと訪中しての直接の商談より難度が増す。

 

正直、訪中した方が全然やりやすい。
行き来に時間はかかるが。
今は出来ないから仕方ないが。

 

中国ではこのようなツールは進んでいるものの、初対面の重要な会合はオンラインは避けられる傾向がある。
要人であればあるほど。
商談後の会食なども初回関係性構築のキーポイント。
日本での当たり前を押し付けると割と痛い目に合う。
それでも気を遣ってくださり、オンラインで応じてくれる中国の要人もいるので、積極的に機会は活用する。

 

先んじるものは、先んじて結果を出すのだろう。

 

ありがとう。

 


一覧に戻る
中国ビジネスご相談・お申し込み